学校法人 千代田学園

学園の概要

ご挨拶

沿革

情報公開

学園設置校

サイトポリシー

理事長BLOG

ご挨拶


学校法人 千代田学園 理事長 髙橋 保

学校法人 千代田学園 理事長 髙橋 保

 私たちの学園は1950年高野山真言宗の末寺盛松寺の住職が戦後の混乱期にあって人間教育の重要性に思いを致し宗祖弘法大師(空海)が平安時代初期に京都は東寺に綜芸種智院を開いた偉業に倣って創設されました。
 学園の目的は寄付行為第3条に「弘法大師の興学精神に則り、教育基本法及び学校教育法に従い、学校教育を行うこと」と規定しています。この規定にもとづいて高等学校並びに幼稚園を創設し、さらに1965年に短期大学を開設しました。
「弘法大師の興学精神」とは、教育を広く庶民に開くことを根本にすえ、(1)教育環境がすぐれていること (2)あらゆる学問を総合的に教え、人間教育を眼目とすること (3)優れた教師を得ること (4)教師と生徒の生活を保障すること――の4点にまとめられます。この考え方は非常に素晴らしく、今日ますます輝きを増しています。
 創設者なき今、また創立後60年の経過の中で仏教教育そのものを行うことや真言宗の教学を授けることを第一義的には定めていませんが、『人間教育』をめざすという綜芸種智院の根本精神を継承し、園児・生徒・学生一人一人を大切にする教育、一人一人の人間性を磨くことを中心にすえた教育を追求しています。社会の主人公は決して物やお金や情報でなく『人間』であり、命を生み育み、平和で人間的に豊かな生活を送ることが困難な時代に合って、「人間尊重」の精神を根本にすえた教育の実現をめざしています。